高き冒険者に地面深くまで落とされた話と「轟轟戦隊ボウケンジャー」のススメ

※後半にちょっとだけネタバレあるよ。

 

インフルエンザ謹慎の最終日から見始めた「轟轟戦隊ボウケンジャー」、全49話見終わりました。

インフル謹慎期間中には555を完走しまして(ここは割愛するけど木場さんが推しになり友人に「圧倒的でしょうね感」と言われた)、ボウケンジャーは謹慎最終日に1話だけ見たんですよ。「面白いしこれを楽しみに仕事がんばろー。1日1ボウケンジャーが目標!」とか言って視聴を始めたはずなんだけど、気が付いたら10日程度で走り抜けていた。「え?もう私の2006-2007年終わっちゃったの!?!?!?」って戸惑ったし、1年間の終わりにいつも陥る「○○終わるの無理…あと5年やって……」状態になったよね。折り返し地点で既にめちゃくちゃ寂しがってたけど放送されてたのは10年以上前だよ目を覚まして。劇場版とVシネ2作も一瞬で終わってしまった。めちゃくちゃ面白くてあっという間に見終わっちゃったよ~~~~!!!ロスが激し過ぎてゴーカイのボウケン回とドライブのボウケン回(違う)を見直してアキバレンジャーのチーフゲスト回も見た。果て無き冒険魂!!!

ボウケンジャーめちゃくちゃ面白い……見始めた時にマネジメント研修で見せてとかいう記事書いたけど、やっぱり全人類ボウケンジャーを見て!!!

 

ボウケンジャーが教えてくれたこと

ボウケンジャーはね、好奇心の肯定、今あるものを最大限に生かして前に進むこと、仲間を信頼するということ、一人ひとりの宝物、自分だけのプレシャスを探すということ。生きていく上で、働く上で大切なことをたくさん教えてくれました。生きている限り冒険は続くんだ……。

 

■変身シーンがくそかっこいい

「スタートアップ」っていうんですけどね、悲鳴をあげるほどカッコよすぎて最高最高ってすぐ泣いてしまう。変身グッズの歯車みたいなやつを回転させて変身するんですけどね、普段は腕、そしてたまに敵の武器とかワイヤーとか手摺とか地面とかで回転させるの。あれ考えた人こそプレシャスでしょ。

 

■魅力的じゃないキャラクターがいない

ちなみに見始めたときに書いた記事はこれ。

sho-ko89.hatenablog.com

 

この記事だと主にボウケンレッド/明石暁について書いたんだけど、はい、全員最高です。敵であるネガティブシンジケートの皆さんも含めて!敵だとダークシャドウという忍集団が推し。ファービーみたいな長老と可愛くて生意気系のドジっ子くノ一、そしてエエ声の闇落ち推奨忍者(CV:黒田崇矢)。

 

ボウケンメンバーの話に戻ると、明石暁は熱く冷静沈着で頼りになるし仲間に託して先を行くのかっこよすぎるし、真墨はそんな明石の背中を追い越してやる!って追いかけて最後チーフを引き継ぐの胸が熱すぎたし、菜月ちゃんが「間宮菜月」として生きて笑ってることが最高に愛おしいしめちゃくちゃ可愛い、笑顔が苦手だったさくら姐さんが私のこの笑顔が宝っていうの感涙だし最後の最後でかわいい無茶をするの最高だし、高丘映士はもう全てがかっこいい男で仲間が結局大好きなところ、登場初期の様子や生き方を考えるともう涙が止まらないくらい胸を打たれる。最上蒼太は後述。

最高ってワードを使わずにはいられないほどに最高なんですよボウケンジャーは!!!!

 

■最  上  蒼  太(推しです)

さて、さっきの記事の最後に「ボウケンブルー/最上蒼太に気が狂い始めている」という一文があるんだけど、まぁ案の定、落ちてしまいまして……最上蒼太やべーよ。

ここからはそんな罪深い最上蒼太について語りたいと思います。

 

【最上蒼太とは】

高き冒険者/ボウケンブルーに変身する23歳の青年。女性好きのフェミニストで(顔も)愛想も良いが実は元フリーのスパイ。依頼されたらどんな情報も手に入れたり情報操作を行ったりと、腕利きの国際エージェントだった。彼の仕事により滅びた国や企業も多数あったが、蒼太は「スリルを楽しむため」「罪悪感を抱くことなく」スパイ業を遂行していた。ある出来事をきっかけに考えを改めスパイ業から足を洗った。

 

……やばやばのやばじゃない???  3話で前職が判明した時点で「う…ぁ…やば……」って感じだったんだけど、8話で仕事仲間の情報を集めてしまうスパイ時代からの癖があったり(信頼の心で治せたけど)、スパイ時代に養ったであろうスキルやコネでいろいろと有能だったり、そもそもあのニコニコ穏やかな雰囲気でいくつも国滅ぼしてる過去持ちなことにグッときちゃったんだもーん!(グッドストライカー)

しかも自分がスリルに酔うためなら人が不幸になろうが何も思わなかったってのがまた……。

過去の男がいた(語弊)のもずるいよ。

 

でも49話通して見て、確かに過去とか良いけど、何より最上蒼太の人となりがほんとに最高好きってなっちゃったんだよね。

基本的に器用だからチームの調整役ができるし、みんなでご飯食べたりケーキ食べるときにお茶注いだり皿を用意したり、そういうさっと気遣いできるところも良い。

そして何よりさ~~~「人を守ること」に真っ直ぐなんですよ。最上蒼太は多くの人を泣かせてきてしまったという後悔を経験していて、だから戦う理由がシンプルに「目の前の人を守りたい」なんだよね(23話)。そして決して過去の償いではなくて、自分のせいで誰かが流した涙は一生背負う覚悟をしている。人を守るために戦うのは前に進むため。自分も生きている限りは笑っていたい、だから前に進む。きっと蹲って後悔する段階は乗り越えてボウケンジャー入ったのかなって思うと、とても強い人だなって……グッときてしまう……語彙がなくなる……。

でも泣かしてしまった小さなプリンセスの涙を思い出すと揺れてしまうし、仲間を信頼してないって言われたら感情的になってしまう、そんなところが愛おしいです。

 

っていうか最上蒼太めちゃくちゃかっこいいんだよ!!!!!

女好きだけどスマートだからギャグにならずに普通にかっこいいんだよ。遊ぶ相手もいるし。あと任務に必要であれば美人も騙して泳がせる(でも傷つけはしない)。記憶を読む力がある敵に情報取られそうになっても心の中? 思考? を自分でコントロールして無効にするし(でもトラウマには勝てず結局読まれてしまうのも含めて好き)、縛られても自力で脱出できるし、銃の扱いにも慣れていた。非番譲ったり砂漠で水譲っちゃったりするし、OLとのデート場所に代官山を選ぶ男だし、飄々とした態度も素敵です。あと変身ポーズのときの指の形がクッソ好き。指輪を弄る癖がスパイ時代の相棒と一緒なのもだめです危険。サポートや調整役がうまくできるのもかっこいい。チーフとますみんの喧嘩止めるとこめちゃ良いよね好き。

あと飛んできたクナイをペットボトルで咄嗟に防ぐとことか。しかもデート中に飲み物買いに行く時、ジュース系とお茶系の2種類用意できる男ときたもんだ。最高。

 

「Task.38 虹の反物」は最上蒼太の女、死ぬしかないでしょ。鶴の恩返しの猫Ver.みたいな話なんだけど、突然現れた、記憶にないけど自分が口説いたらしい女の子(実は助けた猫ちゃん)とデートするんですよね。プリクラの撮り方に慣れていることや流れるようなエスコートも最高だけど、怪我した猫を助ける……そりゃ猫も一瞬で恋してしまうよ。なんて罪な男。結局猫ちゃんの気持ちを汲んで向き合って恩返しされて、最後は「僕ん家においで」って言って猫男子になるのも狡いよーーー好きーーーー!!蒼太さん、大好きです!わかる!!VSゲキでの台詞から仲良く一緒に暮らしているのがわかって嬉しかったな。

あとこれは妄想入ってるけど、人は好きだし愛想も良くて仲良くできるけど、深いところでは心をなかなか開けなさそうな、性質の悪そうなところも良いよね好き……。猫のみゆちゃんは100%純粋な好意で向かってきていたからしっかりと開けたんだと思う(ボウケンメンバー以外で)。デートする相手が深入りしないように距離感にはめちゃくちゃ気を遣ってそう好き。そろそろ私の語尾が「好き」になってきたよね、脳をやられたから仕方ないんだ。

 

そしてそして、もともとはスパイ業という疑いの世界で生きていた男が、「信頼できる仲間」が自分が手に入れたプレシャスって言うのが最高!!!!

 

こんな感じで最初はノーマークで事前情報も何もなかったボウケンブルー/最上蒼太がボウケンジャーでの推しになりました。

この前ルパパトGロッソのついでに38話のデートコースを聖地巡礼してきてとてもテンションが上がって「BLUE for you(キャラソン)」を友人と一生分歌ったくらいには脳をやられてしまった……。

 

はぁ……ボウケンジャーは本当に本当に面白いからせめて15YAの希望は抱いて生きていきたい……

とりあえず今はロスが激しくてつらいので、これは笑うところなんだけど、週末に園芸王子のイベントに行く予定を入れた。またしても身体を張った軽率芸をやります。楽しみ!!

 

■最後に

冒険者たちに出会えたこと、ボウケンジャーがない人生に終止符を打てたことを幸福に思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。「轟轟戦隊ボウケンジャー」は最高だからみんな絶対に見てくれよな!!

全企業マネジメント研修では「轟轟戦隊ボウケンジャー」を見せろ

※まだ少ししか見てないけどネタバレが嫌な人は気をつけてね!

 

 

 

私の戦隊歴は浅い。

終盤から突然ハマった仮面ライダーWの30分前に放送していたゴセイジャーをぼんやり見始めたのが始まりで、仮面ライダーオーズが最終回を迎え虚無に襲われていたところを海賊戦隊ゴーカイジャーに救われて以来日曜朝7:30に起きることが普通になった。

……嘘です寝坊して録画とかも全然ありました。

 

とまぁこんな感じなので、子どもの頃に見ていたものを除けば私の中で一番古い戦隊はゴセイジャーであり、それ以前の作品は見ていなかった。50話あるから……腰も重くて……東映特撮ファンクラブ会員だから毎月960円で実質無料で見放題なのに……(?)

 

長い前置きとなったがそんな私は今、友人の勧めで「轟轟戦隊ボウケンジャー」を見ている!!!  そう、スーパー戦隊シリーズ30周年記念作品の「轟轟戦隊ボウケンジャー」である。

 

 

轟轟戦隊ボウケンジャー VOL.1 [DVD]

轟轟戦隊ボウケンジャー VOL.1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東映ビデオ
  • 発売日: 2006/08/04
  • メディア: DVD
 

 

 

 

 

まず大前提の説明をすると、ボウケンジャーは職業戦隊だ。危険な不思議アイテムを極秘に回収したり破壊したりするのがお仕事。任務がないときは博物館の学芸員してる(ここ、最高ポイントだよテストに出ます)。

そして「明石暁」はボウケンジャーのチーフ、つまりリーダー。戦隊の「レッド」というだけではなく、組織の肩書きとしても他のメンバーの上司にあたる人物なんですよ。

 

それがさーーー、いやーーーーこんなん夢女にならない方が難しいくない???  ってくらいかっこいいの!!!!  中学生時代に見てたら「#name」を呼ばせる夢小説書いてたから大人になってから見てよかったよ全く。

どんなときだって肯定して「面白いな」って言ってくれる男はこの世で夢小説の中以外にも存在した。まさにプレシャス。

 

そして夢女大量生産キャラではあるんだけど、同時に夢部下大量生産装置ってくらい理想の上司すぎる。

 

まず裏切るつもりで加入した生意気くんから天然不思議ちゃん、元スパイ、生真面目お嬢様まで、個性豊かなメンバーばかり。信頼して慕ってるメンバーもいればライバル視してくるやつもいる。

そんな組織をまとめるだけでなく、部下が最大のパフォーマンスを発揮できるよう個々にあった接し方ができる男なんだ。素晴らしいでしょ。

 

例えばライバル視してなにかと突っかかってくる生意気新人くんには「できないのか?」って煽ってやる気を出させてるけど、既に慕ってくれてるメンバーは信頼してるよということを態度と言葉で表して背中を押していく。部下が能力を発揮できるかどうかって管理職に一番求められることだけど、その能力がとってもとっても高い!!

でも本人は現場に出れば凄腕のプレイヤーなわけで。だからいざという時のサポートも的確。もう完璧だよ。

 

メンバーの一人が、ミッションが上手くいかず相談なしにそのまま行動したときがあったんだけど、それを謝る部下に「自分のミスは自分で取り返す、か。それもまた面白い。最後まで自分でやってみろ」とそのまま背中を押すシーンがあってこれがとっても良いんですよ。現実の世界ならホウレンソウないことを咎められるし、普通の物語でも「仲間を頼れ!」って流れになると思うんだけど、チーフは部下の責任感の高さを評価してそのまま任せたのがたまらなくってさぁ……!!

そしてピンチのときはさっとカバーして、そのままその子のミッションは上手くいくし大切なことも学べて大きく成長もするんですよね。

 

そもそも気さくで頭が良く機転も利く、頼り甲斐があってユーモアもある、博識経験豊富、という人として超魅力的な人だからそこにマネジメントぢからも高かったらもう一生ついていくしかないでしょ。休むときはしっかりみんなを休ませるし、何よりメンバーを絶対に見捨てない。メンバーもそれがわかってるから信じてついていくし自分から行動する。最高のチームだよ〜〜〜〜!!!

 

明石暁からマネジメントに大事なことは全て学べるから管理職研修とかやる企業さんは一刻も早く研修プログラムに「轟轟戦隊ボウケンジャー」を見る時間を組み込んで早く!!!

労働は嫌いだけどチーフみたいな上司いたら仕事楽しいだろうな……毎日前向きに働ける気がする……流石に気のせいかな労働は嫌いだから……。

 

以上、ボウケンジャーのボウケンレッド/明石暁は最高の上司という話でした。おしまい。

 

 

 

 

ところでこれを書いてる間に私は8話の最上蒼太を見てしまい、ボウケンブルー/最上蒼太に気が狂い始めている。

4年に一度の……

冬季オリンピック

あんまり真剣に見てない私でさえもいろいろ把握できるくらい盛り上がってたね。選手の皆さん感動をありがとー!取材やら何やらで忙しいと思うけどしっかり心と身体を休めてほしいものです。


そして私も4年ぶりに……インフルエンザにかかりました!インフルエンザイヤー!軟禁生活暇だから三日坊主だったはてなブログを書くに至りました。過去ログ見たらほんとに3日書いて終わってたウケる。


人生初のインフルエンザにかかったのは忘れもしない2014年の冬。そう、ハマトラ放送時期ですね(一部にしか伝わらないあの頃感)。

朝昼寝込んで熱が下がって夜眠れなくて、深夜に何となくオリンピック見てたら羽生くんが金メダルとったんだよなぁ。だから覚えてる。初のインフルエンザから4年の月日が経ったこと。それから羽生くんは二連覇かぁ…すごいなぁ…。


4年ぶりにインフルエンザになってあのしんどさ思い出しました。その日しよこは思い出した……みたいなナレが頭を駆け抜けていく余裕すらなかったよ。頭痛いし鼻水と咳止まらないし悪寒すごいし。保湿ティッシュを1日で半分使い切った。そりゃ身体中の水分なくなるよね。

でもやっぱりウィルス性胃腸炎よりはマシだったな〜〜〜〜〜〜。あれはもう二度となりたくないんだけどどうすればならずに生きていけるの。そういえば2014年の私、インフルエンザとウィルス性胃腸炎と持病悪化全部なったのか波乱万丈な1年だった……厄年じゃないのに厄年かよ……。

あ、ロクシタンのシアバターのリップバームを鼻の周りに塗りたくってたら鼻のかみすぎによる荒れはかなりマシだったよ花粉症の方にもオススメする!


あのときも出勤停止期間暇すぎて撮り溜め消化でハマトラというアニメ見たんだけどこんなにもハマってトラわれ、今でも思い出したかのように突然語り出すジャンルになるとは思わなかったよ。

命を削って見た作品だからな……遺書も用意したし……意味わからん………

4年だもんね。そりゃ仕事も変わるし全通した舞台の役者が引退したりも……する……


楽ちゃんのアートちゃんが大好きだったよ〜〜〜〜!!!!

他の舞台まで通ったりしてないので何言ってんだクソ茶の間と言われそうだけどこれくらい言ってもいいんじゃね?って頭の中のナイスくんが言うので言うよ〜〜お疲れ様でしたこれからの道も幸多からんことを。


楽ちゃんのアートくんは、決してアニメの「完コピ」ではないんだよね。でも「あぁ、アートだ。アート警視だ」って思わせてくれる素敵なお芝居だった。インプットして咀嚼してアウトプットする表現というか……決してオリジナル要素とか役者らしさを押し付けるのではなく、彼なりの解釈を見せてくれるというか。それが見ていて心地よかった。完コピだけが正義じゃないんだよオタク共〜〜〜〜(ブーメラン)


このまま書き続けてたら世間への不満ばっかりになるからとりあえずここまで。ていうかなってたから消した。何書くか決めないで綴るからぐちゃぐちゃになってしまうんだよ馬鹿!


何はともあれ楽ちゃんお疲れ様でした!

インフルエンザによる出勤停止期間は残り2日。ハマステか純情見よ。純情はいいぞ!!!!!(導き出される結論)


純情 [DVD]

純情 [DVD]



危機一髪

昨日の記事に自転車にムカついた話を書いたけど、今日は車に轢かれそうになった。

青信号の!横断歩道で!!タクシーに!!!

タクシー、めっちゃ横断歩道に進入してた。

おっちゃん、片手をあげて「ごめんごめん」みたいなジェスチャーしてたけど、ごめんじゃないよ。

私、最終面接に行く途中だったんだけど!

(おかげさまで内定もらえましたみんな応援とお祝いありがとう!)

車関係の運勢が低迷している気がするから気をつけて生活しようと思いました。

歩道側を瀬名泉くんが歩いてくれてると思ってそれくらいの距離あけて歩こうっと!

瀬名くんのバイク乗せてもらうときも、絶対腰から手を離さないゾ♡

あっ……瀬名くんの腰……細いのに腹筋しっかりある……かっこいい……///

重いと思われたくないなら、ダイエット頑張ろうな。

ちなみに私は人を殺すのが怖いから運転しません。

うらみ・ます

心が狭いから、許せないものがたくさんある。

ネットの怒り代行、歩道でベルを鳴らすチャリ、、、

たくさんある割にこうやって挙げようとすると思い出せないけど、それにあたるとすぐ「絶対に許せねぇ!!!!!」となる。つまり沸点が低いだけだ。

昨日、歩道を歩く私にベル鳴らしたあげく睨んできたクソチャリババアは早くチャリで転んで骨折してほしい。

歩道を走るのは別に勝手にしてって感じだけど、歩行者優先なんだから私は絶っっっ対にどきたくない。ベル鳴らすなんてのは地獄に落とされるべき罪だと思ってるくらい腹立つ。

でも多いよね、歩道ベルチャリ。自転車にナンバープレート付いてないのが悔やまれる……。 そんな小さなことで2日間も腹を立ててるなんて気持ちと時間の無駄だと思うんだけど、一度怒りを覚えた相手の不幸を願わずにはいられないんだよね。 仕事でクソ顧客にあたったときも毎回不幸を祈り呪っている。 穏やかになりたいけど、私から殺意を抜いたらそれはきっと私じゃないとも思うから難儀だ。

仕事を辞めた話

何か日記を書こう!と思い立ったけど特に書くことがないので、とりあえず仕事を辞めた話なんかを書こうと思う。

まず去年の夏に4年以上働いた会社を辞めました。転職理由は? スキルアップだよ! 表向きは!

昇給もないし賞与もないようなもんだし上と意見合わないしモチベが下がってたんだよね。でも円満退職だったからいろんな贈り物やメッセージも貰っちゃって、うるっときちゃった。

花束やプレゼント、手作りアルバム、アドレスがこっそり書いてある手紙を抱えて山手線に乗った私はまるで解散ライブ帰りのバンドマンでした。せめて高田馬場AREAでライブできるバンドになりたかったよ。

そんなこんなで転職活動して次の会社にいきました。職種も変わってしまうけどこれも経験かな〜なんて思って。何より上司になる予定の人が素敵だった。

今思えばこれが大きな間違いでさ〜〜!考え甘すぎ!

部署によって違うとか思わず、転職会議は(少しは)参考にした方がいいと思いました!鵜呑みにするほど質のいい情報ではないけどね。

身バレ怖いから途中経過や詳細は省くけど、働きすぎてメンタルだめになったのと、経営陣やそこで働く人の考えや働き方に納得できなくて1年経たずに辞めました。最初にいたチームの人たちは尊敬してたんだけどさ、他が……。人に責任押し付けるの嫌いだけど、ホウレンソウできない、日本語すらおかしい人の比率が高くて疲れちゃった。むしろ私がおかしかったのか? そうかもしれない、全部雪のせいだ。いやわたしのせいだ。

でも一緒に働く人を尊敬するか憎むかって、大きな問題だと思う。前の仕事のときは出会う人出会う人すごくて、自分もこうなりたいって思う人がたくさんいたの。勝手に社会人の師匠にしてる人もいる。

対して今は「こうはなりたくない」って思うことばかり。これじゃどんどん卑屈になるだけだって思ったよ。

そんな簡単に辞めるのかって自分でも呆れたし悩みました。でも心療内科のお世話になるくらいだったしもう逃げてもいいかなと。

だったらさっさと未練のあった前の職種にまたチャレンジしよ! ってことでさくっと辞めました。早期退職恥ずかしい! でも尊敬できる人と働きたかった。次はそういう人たちと働きたいな。

あとこれは完全に愚痴なんだけど(ここまでも愚痴だろうが!)、仕事で相手にするお客さんの中には、意識の低い私ですら引くほどやばい人が結構いた。それもあって、もうこの業界には戻りたくないと思っている……。世の中は思ってる以上にやばい人であふれていたよ……。

私の周りの人はみんなしっかり働いてて生活してて偉いな〜〜って思った! みんな頑張りすぎないでね! メンヘラお姉さんとのお約束だよ〜〜〜〜!!!